読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

橘読書感想記

橘の、個人的な読書感想記録用ブログ

集英社の乱歩

明智小五郎が出てくる話だけを時系列に並べた例の文庫ですよ←

乱歩自体は、小学生の時に読んだ、たぶん怪人二十面相のやつのどれかと、

数年前に新潮の夏の100冊で買った傑作短編集以来。

小学生のときのやつとか、タイトルすら覚えてないわ。

ほんとに二十面相だったのかどうかも怪しい…。

 

 本題、集英社の『明智小五郎事件簿Ⅰ』

5話中3話は新潮の短編集で読んでたから初見は「幽霊」と「黒手組」のみ。

でも「幽霊」はこれといって特に感想ないかな~。

この二作なら「黒手組」のほうが好きだ。

 「黒手組」お嬢さんの狂言だと思ってたら彼がことをややこしくしてたとは…。

暗号解読はお手上げでした(笑)手元に筆記具あればもうちょっと考えられたろうけど、私の頭だけでは無理だった。

 

「心理試験」はやっぱ好きだな~。

新潮版で読んだ時から「心理試験」は好きだった。

読者は犯人がわかってる状態で、

犯人が追い詰められていく様をみるのがすごくドキドキハラハラする。

以前知人に、乱歩の導入として「D坂」を薦められたけど、

「D坂」は初見時から早々にネタわかったし、

個人的にずっと読みたかった「二銭銅貨」は個人的に内容微妙だったしで、

初めて「めっちゃおもしろい!」って思った乱歩が「心理試験」だった分思い入れもあるんだろうけど。

 

「屋根裏」も、初見時からそこまで印象に残んなかった作品。

でもそうやって印象が薄かった分今回初見に近い気持ちで、ふんふんと読めた。

 

何度も言うけど新潮版と被ってるのがあるせいで、

そっちで印象薄かったのは今回もやっぱりさらっと読んでた。

ちなみに新潮版で個人的によかったのは、先述の「心理試験」と「芋虫」

ええ「芋虫」ですよ。

「芋虫」は乱歩のグロ作品の代表の一つ、みたいなことを昔記事で読んだけど、

全然グロくないしむしろただの良い話だったよあれは。

最後の書き置きのシーンめっちゃよかったよ。

 

 

次はこのまま『明智小五郎事件簿Ⅱ』を読むよ!

こっちは二作とも未読だから楽しみ。